概要:椎間板の保水性分である「プロテオグリカン」の絶対量の減少から、
   後方繊維輪に亀裂が入り、後縦靱帯わ押し上げ神経を刺激し、
   各種の症状を出す。

頚椎椎間板ヘルニア
 概要:30歳〜50歳代に多い。若干男性に多い。
 症状:障害された神経に相応する疼痛、知覚障害、健反射の低下
 治療:保存療法 頚椎の安静と固定。
         頚椎の牽引、薬物療法、神経ブロックなど
    手術療法 椎弓切除術、脱出椎間板切除術など

腰椎椎間板ヘルニア
 概要:20歳〜50歳代に多い。特に20代の活動性の高い男性に多い。
 症状:障害された神経に相応する疼痛、知覚障害、健反射の低下
    疼痛回避の為の側湾、下肢神経症状などが現れる。
 治療:保存療法 腰椎の安静、骨盤牽引、コルセット、神経ブロックなど
    手術療法 ヘルニア摘出術など








椎間板ヘルニア