指の捻挫
 よく耳にするのは「突き指損傷」でしょう。伸展位の指に長軸方向から外力を
 受けて発生する損傷の総称です。側副靱帯や関節包の損傷をチェックします。
 大多数の側副靱帯損傷は関節の安定性を損なわない部分断裂が多く。
 完全断裂の場合は観血的治療の場合もあります。

手関節の捻挫
 強力な外力や慢性的なストレスがかかった結果、脱臼や骨折には至らないが
 関節周辺の靱帯や関節包などに損傷を生じることがあります。

膝関節の捻挫
 膝関節は重要な加重機能にもかかわらず、その安定性の大部分は靱帯と半月板
 によって保たれており、外傷を受けやすく、ストレスも最もかかりやすい部分
 なので外傷の大小を問わず、あるいは器械的刺激などの変調によって明らかな
 機能障害を起こしやすい関節です。

足部の捻挫
 足関節では内がえし捻挫が多い。外側靱帯は強度が弱く、足関節底屈位では
 距骨の不安定性が内がえし強制力となって骨折を起こすよりも靱帯の伸長や
 断裂をきたす場合が多い。

足関節の捻挫
 スポーツでの損傷や高所からの墜落などでの損傷が多い。スポーツでは急激な
 跳躍運動などで関節に負担を強制する場合が多い。


捻挫とは骨と骨との間に起こる急激なねじれ、あるいは激しい外力に
よって関節周辺の関節包や靱帯の損傷を言います。

靱 帯 骨と骨とをつないでいる組織を言い、関節が動ける範囲を超えて曲がりす
    ぎたり、伸ばされすぎたりしないよう安定させる役割があります。

関節包 関節を包んでいる結合組織性の袋で、外層の繊維膜と内層の滑膜から
    出来ています。
    繊維膜は弾力性に乏しく、関節に安定性を与えています。

    関節に付着している靱帯は関節包が索状に厚くなったもので
    靱帯は関節包または滑液包に付着しています。

症  状
    患部が腫れる。
    患部を押すと痛い。
    ねじった方向へ捻ると痛みが一層強くなる。

応急処置
    患部を動かさないで安静にする。
    炎症を抑え、痛みを取る為に患部を中心に広範囲で冷やします。
    内出血や腫れを防ぐ為、弾性包帯やテーピングなどで患部を圧迫します。
    患部を心臓の高い位置に保つ事で内出血や腫れを防ぐ。



   
捻  挫