整形外科とは
整形外科とは人体の運動器官の病気や外傷(ケガ)を取り扱う診療科です。

 背骨・手・足など全身の運動器官を造りあげている、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・ 脊髄・神経の病気、外傷(ケガ)による損傷、手足などの先天性疾患(生まれつきの 奇形など)を治療いたします。

 そして整形外科の治療は、単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復させることも目的としています。

 外傷や老化によって低下した機能の回復が十分に得られなかったとしても、残った 機能を最大限に活用して、元の状態に出来るだけ近い機能に回復させることも整形外科の大きな役割の1つです。


 また、運動機能の障害だけでなく、痛みを主とする疾患(俗に神経痛・リウマチなどと言われる病気)の治療を理学療法により行なうのも整形外科の主要な仕事であると考えております。
主な疾患

くびの痛み・むちうち症・寝ちがえ・肩こり・五十肩

神経痛・手.ひじの痛み・つき指・手のしびれ 膝.足の痛み

椎間板ヘルニア・骨粗鬆症・こしの痛み

肉ばなれ・痛風・骨折・脱臼・捻挫・腱鞘炎

靱帯の損傷・ などの診療を行います。

(その他御不明な点は直接医師に御相談下さい。)