新しい頚椎・腰椎牽引台が入りました。腰椎牽引台は座った状態から倒れて牽引するタイプです。
当院のリハビリは、理学療法士1名と柔道整復師3名のスタッフで行なっております。


リハビリについて

当リハビリでは、交通事故、労災事故、スポーツ障害による上下肢や外傷(骨折、脱臼、靱帯損傷)などの疾病や加齢的変化に伴う各関節障害(股、膝、肩)などに対し各機器(牽引、電気、温熱など)による物理療法や徒手的な治療をドクターの指示の下、患者様の障害の状態、回復の程度に合わせ、リハビリを実施しております。

リハビリをする上で大切な事は、一つは患者さん本人の治したいと言う意欲とやる気が大事と言う事。
骨折した人を例にとると、治療後の成績は1/3は骨折の種類(どんな折れ方をしたのか) 1/3は手術内容やその状態、1/3は手術後のリハビリによると言われる位 リハビリは治療に欠かせません。

自分のしているリハビリが何の為に行なっているか、どんな効果があるのか つかみながら行なうことで効果も現われ、成果が意欲へとつながります。

もう一つ大切な事は、病院のリハビリ室でやる事だけがリハビリでないということです。
多くの患者様は、大半が家庭で生活していて病院に来るのは、一日でもそのほんのわずかな時間だけです。よってリハビリの効果を十分に生かす為にも 家庭での訓練や日常生活での注意点などを しっかりと把握し、指導された内容を理解して 継続して家でも訓練する事が、より早く失った機能を回する為には欠かせないということです。

当科では、来院の際に指導内容がきちんと実行されているかチェックし、出来ていない場合には再指導等を行い、より効果的にリハビリをし、一日でも早い機能回復のお手伝いを致します。
リハビリテーション