五十肩は肩関節周囲炎の1つであり、40歳代で起こるもの、50歳代で起こるものを俗称としてそれぞれ「四十肩」「五十肩」と呼ばれています。

昔から肩は体重を受けていないことから負担は少ない関節と考えられてきたが、最近の研究では上肢を支える為に繰り返し炎症が生ずることが原因と考えられています。

症状
肩が固くなる(拘縮)が主症状で、夜間痛も特徴の1つです。
お風呂で体を洗ったり、髪をすいたりする動作がしにくくなります。
また、X線で骨の変性棘や硬化がない事なども診断の決め手となります。

治療
痛みを強くする様な運動は避け、コントロールされた肩関節体操が推奨されます。薬や注射も症状にあわせ使用すると治療効果が上がります。

五 十 肩